施設概要・手術実績

外来について
入院について
透析について

循環器治療を支える 医療設備と施設

64列マルチスライスCT

この装置はからだへの負担が大きい心臓カテーテル検査に代わって、冠動脈造影を行うことができます。造影剤をもちいるものの、腕の静脈から注入し、寝台に横になるだけで冠動脈造影をわずかな時間で行うことが可能です。 また、検査に伴う血管の損傷や出血などの危険性もほとんどなく、入院の必要もありません。

64列マルチスライスCT

血管撮影装置

この装置は、従来の血管撮影装置よりも少ないX線で鮮明な撮影が行えます。また、最新のコンピューター画像処理機能で高精細な血管像を表示し、患者さまの被爆を低減することが可能となりました。

血管撮影装置

64列マルチスライスCT/血管撮影装置(パンフレット)

jpgファイル患者様へ 検査機器のご紹介(クリックすると拡大します)
「64列マルチスライスCT ~心臓病の早期発見と診断
血管撮影装置  ~心臓カテーテル検査と治療」

核医学診断装置

心筋梗塞や他の心臓疾患における最新の検査システムで、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症などの診断、重症度の判定に極めて優れています。内臓(肺、肝臓、膵臓、腎臓)検査にも使用します。

核医学診断装置

血圧脈波検査(動脈硬化検査装置)

この装置は、四肢血圧を自動測定し、短時間で動脈硬化の進行度や下肢動脈の狭窄・閉塞を判定する動脈硬化検査装置です。(検査時間は、おおむね5分程度の簡単な検査です。)

動脈硬化とは?高血圧やコレステロールなどにより、血管の壁が厚くなって、血管が劣化したり、狭くなる状態で、放っておくと脳血管疾患や心疾患のような大変な病気を患ってしまいます。

血圧脈波検査(動脈硬化検査装置

手術実績(平成28年)

平成28年1月~12月
冠動脈、大動脈バイパス移植術15例
心臓弁膜症手術18例
胸部大動脈手術
(うち 胸部ステントグラフト内挿術)
18例
(8例)
その他の開心術1例
腹部大動脈手術
(うち 腹部ステントグラフト内挿術)
35例
(21例)
末梢血管バイパス術3例
PTA・ステント70例
経皮的冠動脈形成術222例
ペースメーカー植込術81例
ペースメーカー電池交換術35例
下肢静脈瘤手術97例
その他105例
合計700例


新札幌循環器広報誌 サンプラザ
HTB 医TV 地域に貢献できる循環器治療をめざして
当院の手術実績

ページの先頭に戻る
循環器疾患専門病院 心臓血管外科,循環器内科,腎臓内科
Copyright© 2010–2017
ShinSapporo Hospital of Cardiology
All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi