仕事と子育ての両立支援

外来について
入院について
透析について

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法とは?

急激な少子化の流れを変えるため、平成15年7月に成立した法律です。この法律は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育成される環境整備を進めるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、10年間をかけて集中的かつ計画的に次世代育成支援対策に取り組んでいくことを目的につくられました。

一般事業主行動計画とは?

世代法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員を含めた
多様な労働条件の整備などに取り組むために策定する計画です。

新札幌循環器病院は、職員が仕事と子育ての両立ができる、働きやすい職場環境づくりを通して、全ての職員がそ
の能力を十分に発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定しています。

一般事業主行動計画①

子育てを行う職員の仕事と生活の両立を支援するための雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

(1)計画期間 平成27年4月1日~平成32年3月31日
(2)内容

【目標1】妊娠中の女性職員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して職員に配布し、制度の周知を図る。
[対策]平成27年4月~制度に関するパンフレットの作成、配布。

【目標2】職員が育児を行うために利用するサービスに対する助成措置制度の周知を図る。
[対策]平成27年4月~育児サービス利用費用助成規程の配布。

【目標3】産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育児休業中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
[対策]平成27年4月~制度に関するパンフレットの配布。

一般事業主行動計画②

職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

【目標1】年次有給休暇の取得率を1人当たり年間 40%以上とする。
[対策]平成27年4月~年次有給休暇の取得状況を把握する。
[対策]平成27年4月~休暇取得に向けて職場長の意識啓発

札幌市ワーク・ライフ・バランス取組企業

ワーク・ライフ・バランスとは?

「仕事のやりがいや責任と、家庭や地域での充実した生活が調和し、両立できること」であり、 まさに市民一人ひとりが真に豊かで幸せに暮らすための基盤となるものです。札幌市では、企業の取組内容に応じて、「札幌市ワーク・ライフ・バランス認証企業」の各ステップに認証します。

【ステップ1 取組推進宣言企業】

・札幌市内に事業所があること
・WLB取組推進宣言シートにより、取組内容を明らかにすること
・就業規則を労働基準監督署に届け出ていること(従業員数10人以上の企業)

【ステップ2 行動計画策定企業】

・ステップ1の要件に加えて
・次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し、届け出ていること

【ステップ3 先進取組企業】

・ステップ2の要件に加えて
・労働関係法令に基づく規定を上回る制度を規定していること

当院は、札幌市ワーク・ライフ・バランス取組企業として、「ステップ3 先進取組企業」に認証されています。

札幌市ワ<br />
<h3></h3>
<p>ーク・ライフ・バランス取組企業


新札幌循環器広報誌 サンプラザ
HTB 医TV 地域に貢献できる循環器治療をめざして
当院の手術実績

ページの先頭に戻る
循環器疾患専門病院 心臓血管外科,循環器内科,腎臓内科
Copyright© 2010–2017
ShinSapporo Hospital of Cardiology
All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi